image

【主催】大相撲舞鶴場所実行委員会 【共催】公益財団法人 日本相撲協会
【後援】舞鶴市/舞鶴市教育委員会/舞鶴商工会議所/(公社)舞鶴青年会議所/舞鶴自治連・区長連協議会/
    舞鶴市社会福祉協議会/舞鶴観光協会/(一財)舞鶴市スポーツ協会/舞鶴スポーツネットワーク/
    (一社)舞鶴DMCセンター/朝日新聞京都総局/毎日新聞舞鶴支局/読売新聞京都総局/ 産経新聞舞鶴支局/
     京都新聞/舞鶴市民新聞社


 

 

 

 

                                 平成30年4月25日

事業終了報告

 

 平成30年4月4日(水)晴天。舞鶴文化公園体育館にて開催された大相撲舞鶴場所は、舞鶴市制施行75周年記念事業として約70年ぶりの開催となり約3000人の来場者で賑わった。

 朝8時から11時には、予想された来場者による交通渋滞も特になく、プログラムも順調に進行した。

 大相撲一行総勢250名による春巡業は、白鵬と鶴竜の二横綱もそろい踏み、巡業独特の和やかな雰囲気の中での触れ合いの場となった。

 特に、「握手会」(自由参列)でのやり取りや「ちびっこ相撲」(舞鶴市と近隣の小学生24名)の参加者には、貴重な経験となった。

 途中、土俵上で来賓代表として挨拶されていた多々見 舞鶴市長に予期せぬ事態が起こったが、初期の救命活動と救急搬送により現在、療養中であり、一日も早いご快復をお祈りいたします。

 千秋楽・打出し後の解散時、小雨の降る中、来場者の秩序正しい行動と開催者、警察等による交通整理により、17時過ぎには、臨時駐車場も含めほぼ来場者の全員が、無事に帰宅の途に就いた。
  前日、体育館に造られた土俵も、当日20時頃には完全に撤収された。

 また、本舞鶴場所は、ボランティアの方々をはじめ、多くの皆様のご支援ご協力を得て実施することができました。ここに心から感謝申し上げます。

 尚、平成29年10月に召集された実行委員会は、4月24日開催の実行委員会で全ての業務を終了し、平成30年4月30日をもって解散いたします。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大相撲舞鶴場所実行委員会事務局

京都府舞鶴市浜町4番地9
☎0773−68−9080
10:00〜17:00(土日祝除く)